Life is Learning for the BETTER

救急医療を生涯学習する地域づくり

そして安全・元気なコミュニティを実現する

これがCATSのゴールです。

 

CATSでは医療関係者はもとより市民の方も傷病に迅速かつ適切に対応するためのトレーニングを提供しています。

 

私たちのミッション

全ての市民に救急医療を生涯学習する機会を提供し、安心・元気な明日の社会を創り出します。

「救急医療の質向上協議会」は2005年4月に設立されたNPO法人です。
通称「CATS(キャッツ)」は、Caregiver Associates for Total Satisfaction in Acute Medicineを略したものです。Caregiver(ケアギバー)とは、病院、介護施設、在宅ケア、屋内外を問わず、「医療・介護・応急手当を提供する人」を意味しています。
CATSはもともと2005年に、獨協医科大学越谷病院の救命救急センターの医師が中心になって立ち上げた団体です。救命救急センターは急な傷病で生死の境にある市民の救命医療をおこなう施設。救命救急センターの医師たちは、「もっと早く正しい対処をしていれば最悪の事態にはならなかった」ということを数多く経験しています。そこで私たちはこのような事態を撲滅するために、医療関係者はもとより一般の方へも、傷病に迅速かつ適切に対応するためのトレーニングを提供しています。
救急医療に関する教育研修及び情報提供を行い市民と医療従事者が協働・連携し、安全・安心・元気を提供できる救急医療体制の質的整備を図り、国民の健康増進及び救急医療の発展に寄与する団体です。

 

医療関係者ではない市民の方へ

あなたは身近で大切な人が倒れたとき「救える人」として行動できますか?
救命の連鎖の第一歩は医療関係者ではない市民の初動です。
救急車の適正利用はできますか?
救急車が来る前に出来る応急処置はありますか?医療関係者ではない市民が、救急医療の基本的なリテラシーを身に付けることが社会全体での大きな安心感につながります。身近な人を救える人になりませんか。

医療関係者の方へ

医療従事者(ヘルスケアプロバイダー)とは、業務・役割として医療行為を繰り返し行う方と定義できます。具体的には医師、看護師、救急隊員、医療機関で働くコメディカアル、歯科医師、介護ケア提供者(施設、自宅)などが医療従事者です。
CATSは医療従事者の方にオープンで質の高い学習・トレーニングプログラムを提供しています。